私は、大人になってからスポーツで運動をして汗をかくことの大切さというのを痛感しています。  人間の体というのは、10代にかけて成長期を向かえ、20代で完全に成熟していきますが、30代からはどんどん衰えていきます。それを考えると、20代までならまだしも、30代を超えてくるとスポーツをすることは体に対してかなりの負担になりますから、どちらかと言えばそれを避けたくなります。  やはり、スポーツをして体が疲れるのはつらいですし、筋肉痛や関節痛など体にトラブルが起きるのを恐れる気持ちがあるからです。  しかし、そうしてスポーツを避けていると、体はさらに衰えていき、体力の低下を招く原因になります。ですから、たとえ体に負担がかかることはわかっていたとしても、なるべく精力的にスポーツはするべきだと私は思います。特に、大人になってからはそれを心がけることが健康維持につながりますので、30代となった私もこれからスポーツをしていきたいと思っています。