毎年、プロスポーツ選手がオフシーズンを迎えると、気が気じゃないプロスポーツ選手が何人もいると私は思います。それはなぜかというと、契約しているチームと来季も契約できるかどうかわからないからです。  プロスポーツというのは完全実力主義の世界ですから、たとえそれまでに過去の実績があったとしても、近年の成績が振るわなければあっという間に解雇されてしまうようなとても厳しい世界です。それは、プロ野球でもプロサッカーでもプロバレーでもかわることはなく「戦力外通告」という形で解雇が言い渡されるのは、あまりスポーツに興味のない一般の人でも知っていることだと思います。  ですから、プロスポーツ選手というのは基本的に選手生命がとても短いです。ですが、それをわかった上でプロスポーツ選手は己のすべてをかけてそのスポーツに挑んでいます。そしてそんな姿に我々一般人は感動します。  ですので、プロスポーツ選手というのは、そういった儚さがあると私は思っています。