パソコンの画面の前に座り、上下動している為替レートを目を向けていると、すぐにトレードをするという抑えようのない気持ちに追い立てられる事も少なくないだろう。マユライズ愛用者多数!芸能人口コミまとめ

だがしかし、不明瞭な思いで売買することは決してしてはいけません。ホットヨガ 中央線

分かっていると思いますが、マーケットは年中いつでもいずれかの国で市場が変動しているし、為替レートもいかなる時でも、変動しています。浮気調査 費用

だからといって、何度も取引を繰り返していると、その分だけ損失を被る危険性が上がります。在籍確認なし カードローン

言うまでもなく、注文の回数を積み重ねる事で、だんだんと勝利する確率か50%、50%に近づくのは事実です。最速で金運が上がる財布の扱い方[金運上昇方法]

けれどもこの事実は「なんとなく勘で売り買い」することとは話が違います。ボニック

注文回数を積むということは、自分が「ここは!」と考える感覚を持ったうえでの売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ、次々と取引をするのとは明確に異なります。

為替相場の勝負に立ち向かうためには、自ら主体的にメリハリをつけることが必要です。

「ここはいける」と思い至った市場の時には、所持ポジションを増やして徹底的に利益を追い求めます。

「少し難しい外国為替市場で、どう推移するのか思いつかないな」と思い至った時は、思い切ってポジションをすべて見切りをつけて静観します。

これぐらいのリズムをつけた方がエントリーは儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりです。

為替取引とは、いついかなる時でも売買ポジションを所有する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも持たずに待っている事もまた取引です。

それならば、どの場面で休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが先述した通り、これからの市場が今ひとつ見通しがきかない時ですそこからドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は、考え無しで行動すると、あなたの書いた台本とは逆に市場が変動してしまい損してしまいます。

だから、こうした時はポジションを無くして何もしないで黙ってみているだけが良い方法です。

もうひとつは、自身の体調が思わしくない時です。

健康状態と相場につながりがない考える方もいますが現実には大きく影響します。

体の状態が思わしくなければ、相場の判断しなければいけないところで必要不可欠な決定ができません。

気分が乗らない時は相場から目をそらす事も大切な事です。